薄毛

育毛剤の使い方

育毛剤を使う場合にはまず綺麗な頭皮の状態にしておく必要があります。
優しいアミノ酸系や植物産系のシャンプーで、やさしく指の胎で傷を付けないように洗い、しっかりと洗い流しましょう。http://xn--z-lfuqezb9d9bu607do38a.com/
傷や皮脂が取れすぎていたり、洗い残しのシャンプーなどの残りが固まって残ってしまっていたら、いくら育毛剤を使っても残ったものが老廃物となって邪魔をしてしまい、
髪が生えるための毛根事態を塞いでしまいます。
やさしめのシャンプーや育毛シャンプーを選ぶ理由も同じです。

育毛剤を使うということは、頭皮の状態が髪を生やすことが出来ないほどに弱っているということです。
そんな時にきつめのシャンプーなどで力いっぱい洗われてしまいましたら、傷や炎症などの元になり、育毛剤を使える頭皮状態とはいえません。
傷やできもの、炎症などがない状態で使うのが望ましいでしょう。
実際にそういう部分には毛が生えるどころか、悪化してしまっては意味がありません。
なので頭皮にやさしい育毛シャンプーを使い、まずは頭皮環境をよくしましょう。
男女別におすすめの育毛シャンプーがhttp://xn--9-lfuqezb9d9bu607do38a.com/で紹介されていますのでご覧ください。

綺麗に洗い流したら、丁寧に拭いて使いすぎない程度にドライヤーで乾かしましょう。
タオルでゴシゴシ拭いてしまっていては、抜け毛がひどくなってしまいますので、注意してください。
髪が濡れたままの育毛剤の塗布はいけません。
また頭皮に浸透させるように、軽く頭皮マッサージを施しましょう。
頭皮マッサージは血流を促進させ、育毛剤の潤滑をよくする効果があります。

きちんとつけましたら、就寝するのがより効果的です。
なぜなら髪は眠っている時に髪の毛根などに栄養を運ぶ働きをします。

ここに例としてあげたのは本当に基本で、育毛剤によっては塗布するタイミングの違いや使い方に違いがあることも多いでしょう。
説明書をよく読んで、その通りに実行してください。
また毛髪が抜けて、新しく生えてくるまでのヘアサイクルという期間がありますので、髪が生えるまでには3ヵ月~4か月はかかります。
効き目がないとすぐに諦めずに気長に継続的にケアしましょう。